Sous Vide / 真空調理

チャーシュー叉焼 真空調理レシピ Sous Vide タレと一緒に36時間、放っておくだけなのにプロ旨!

私の住んでいるエリアでは

なかなか美味しいチャーシューが発見できず

味の割にお値段は立派なんざんす・・・

自宅でもラーメンに本気のチャーシューをのせたり、

熱々炊き立てご飯の上に

チャーシューがドーンっとのって

ネギだくな

”チャーシュー丼”という名に相応しい丼を食したい!

そこで今回は

Costcoコストコで発見した

直径約70cm、幅約35cm、重さ約5kgある

豚バラ肉で自家製チャーシューを真空調理で作ります。

材料

※材料は分かりやすく1kgあたりの分量を明記しました。

例えば、豚バラを2kg調理する場合は調味料は2倍量、

豚バラを3kg調理する場合は調味料は3倍量と計ってください。

私は今回、豚バラを5kg使用しましたので

調味料は全て5倍量で作りました。

豚バラ 1kg
塩(下味用) 適量
日本酒 大さじ2
甜麺醤 大さじ3
すりごま 大さじ1
醤油 大さじ3
卵黄 1個
しょうが 5mmのスライス1枚
にんにく 1片(包丁等でガンッと潰してね)
ネギの青い部分 1/2本分

作り方

まずは真空調理機を63℃にセットして、

お風呂を温めてください。

豚バラの状態を確認して、脂身が厚すぎる部分を多少そぎ落とし、

バランスを整える

美しくなった豚バラをきっちりと巻き、

タコ糸でしっかり固定し

全体に強めに塩を振り

マッサージするように揉み込む。

※今回は直径約70cmあったため、

2つに分けて巻き上げたよ。

煙が出るぐらい熱々のフライパンで

表面を焼き付けて、

全体の焼き付けがおわったら

バットやお皿等の上で休ませておく。

※ウチだと火災報知器との戦いも漏れなくついてくる・・・・涙

材料リストの「日本酒」から「卵黄」までの材料を

全て混ぜ合わせる。

休ませておいた豚バラ、合わせておいた調味料、

そして「ニンニク」「しょうが」「ネギの青い部分」

を真空パックに全て入れて

封を閉じる。

予め、真空調理機で63℃に温めておいた
お風呂で36時間調理する。

36時間調理完了に合わせて、
調理中の真空パックがしっかり浸かる大きさの
氷風呂を準備する。調理完了後、即座に氷風呂に入れ、
最低2時間は、全体がつかった状態でつける。
お好みの厚さに切り分け、1回分づつ真空パックを作り、
冷凍庫へ。
食べたい時は真空パックごと
レトルトカレーのノリでお湯につけて温める。

以上です。

自宅ラーメンのワンランクアップには勿論、

作るのめんどぉぉぉぉ~い!ってな時や、

急なお客様のおつまみ、

こっそり禁断のお夜食などなど、

作ってしまえば、とっても便利で美味しいので

是非是非試してみてねん。

 

 

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村